scrap-it-to


カナダの指標がまた好指標 

2017.12.02 02:01

今日は半年以上ぶりの夜トレでした。

こんばんわ、ひろぴーです。

ポジションは変わってないのですが、先程カナダの指標が猛烈によかったようです。

スクリーンショット 2017-12-02 0.59.16

良すぎですね、これは(笑)

出所先はマネパの会社の速報です。これ便利なんだよね。

雇用者数良好さは異常ですね、カナダにしては。

明らかに原油価格の上昇の恩恵を受けてそうです。

ただ、個人的には原油価格を来年も似たような価格でキープできると考えておりまして、しばし堅調に推移をするように考えております。

っということで、カナダのロングを開始しました。

ドルカナダショートとポンドカナダのショートです。

ドルカナダチャート日足紹介です。

 

ドルカナダ日足分析

スクリーンショット 2017-12-02 1.07.48出所:FXTF MT4チャート 

 

ドルカナダの日足です。

失業率5%台のカナダは過去と比較してもかなり良好です。

利上げペースが加速する段階にあります。米国の経済良好具合も影響しているのでしょう。

これでカナダ経済良好さが本物と証明されそうです。

再度1.20を目指す展開かもしれません。

ユーロと同じようにカナダを狙います。ダブルトップ完成形となるかもしれまえん。

直近のサポートライン1.2670近辺を割り込めば加速しそうです。

ローソク足形状はかなり好きなパターンです。

RCIも52を+80を割りみかけて来ましたのでタイミング的にはばっちりでしょう。

ドルカナダショートにポンドカナダのショートもはじめました。

 

欧州の経済指標は明らかに改善中

今日の夜トレで出した資料なのですが、

スクリーンショット 2017-12-01 19.52.01

 

こちらは欧州の失業率です。

2016年の1月から示しているのですが、わずかながらですが、ほぼ毎月0.1%ずつ改善をされておりました。

昨日発表された失業率は8.8%とここ数年で過去最低水準です。

ドイツをはじめ、今年はフランスの経済指標改善が大きかったように思えます。

雇用が良くなれば、給与も徐々に改善されます。

よって、雇用者が裕福になれば、購買力もあがります。

スクリーンショット 2017-12-01 19.52.07

給与が上がる=小売が良くなれば当然物価も上昇してきます。

こちらも2016年1月からのCPIの推移です。

まだCPIが良好にはなってませんが、おそらく数ヶ月遅れで良好になってくるでしょう。

これに期待しての中期ユーロロングになっております。

ドラギ総裁がどれだけハト派で発言しようが、2年ぐらい前の米国経済のようにイエレン議長がどれだけハト派になっても米ドル高になりました。

こういった意味で来年はユーロで続くのではないでしょうか。

ユーロクロスのロングは中長期的に継続したいかなっと考えております。

 

持ち越しポジション

ユーロドル、ユーロポンドロング。

新規でドルカナダとポンドカナダのショート

今週もお疲れ様でした。

っといっても僕はビットコイントレードを土日楽しむ予定です(笑)

日曜日ぐらいに急落してたらロング仕込みたいんだよな〜〜〜。

ひろぴーの読むFX☓FXトレード・フィナンシャルのタイアップ企画、口座開設でRCIトレードレポート+ローソク足波動トレードDVDをプレゼント中です。初心者〜中級者の方はぜひご覧くださいませ(・∀・)ノ


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する