scrap-it-to


MT4で複数チャートの通貨ペアを一括で変更するフォーム型インジケーター

2017.10.29 21:01

MT4の画面に表示中の全てのチャートの通貨ペア(Symbol)を一括で変更したような状況があると思います。このページでご紹介(プレゼント)するSymbol_Changerとうインジケーターを使うことで実現できます。フォーム上で通貨ペア名を選択してボタンをクリックするだけです。選択可能な通貨ペアは自由に設定できます。

1画面に6つぐらい異なる時間軸のチャートを並べ、1つの通貨ペアに対してマルチタイムフレーム分析を行っているとします。

そのような場合、表示中全チャートの時間軸の設定はそのままに、通貨ペアだけを変更したい場合が結構あるのではないでしょうか。

通常であれば、一つ一つのチャートに、気配値表示からお目当ての通貨ペアをドラッグ&ドロップして変更することになると思います。

Symbol_Changerというフォーム型インジケータを使えば、一瞬です。

通貨ペア名をドロップダウンリストから選択し

ボタンをクリック

この3ステップで、表示中の全チャートの通貨ペアを一気に変更できます。

1つのチャートにSymbol_Changerのインジケーターを適用するだけでOKです。

特定の通貨ペアに対し、複数の時間軸チャートを開いてマルチタイムフレーム分析をする場合にはとても役立つと思います。

ドロップダウンリストで選択できる通貨ペアは、パラメーターの入力画面で自由に登録することができます。(21個の通貨ペア名まで登録可能)



また、フォームのフォントサイズもパラメータの入力画面で設定できますので、タブレットPCなどでフォームの表示が崩れるような場合でも、フォントサイズを小さくして対応することができます。

このSymbol_Changerを使えば、MT4で複数のチャートの通貨ペアを一括で変えたいというニーズを完璧に満たすことができると思います。

是非お役立てください。

Symbol_Changerは、無料メール講座の専用サイトにて、無料でダウンロードして自由に使うことができます。

(注意)
デフォルトでは、EURUSDやUSDJPYなど一般的なシンボル名(通貨ペア名)を登録してあります。
FX業者によっては、シンボル名が「EURUSDpro」など、通常とはことなる形式になっている場合があります。

そういった場合は、Symbol_Changerのパラメーターの設定画面にて、シンボル名を書き換えるようにしてください。

あなたがお使いの業者がどんな形式の通貨ペア名を採用しているか?

それは、画面左の気配値表示欄の「通貨ペアリスト」タブに表示されている通貨ペア名を確認すればOKです。

2017-10-29_19h01_29



これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
MT4でエントリーと同時に利食いとロスカット注文を一発で入れるスクリプト
ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。







サンチャゴ無料メール講座概要



コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する